Skip to content

呪術廻戦 250話 ネタバレ|宿儺がフーガを使用する?

呪術廻戦 250話: 発売日

呪術廻戦250話は2024年2月12日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年2月7日jujusukaisenraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 249話: 要約とレビュー

前回は宿儺が羂索の意志を受け継ぐという展開が描かれましたが、今回は冒頭からそれに関する話は少し遡り、乙骨と羂索の最期のやり取りの様子が描かれています…

羂索は乙骨に首を斬られたわけですが、最期に自分の意志は受け継がれるという言葉を残すまでは以前に描かれていましたが、その後の様子…

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

羂索はやはりすぐに絶命したわけではなく、首が切り離された状態でも会話できています。

それからして、やはり夏油の肉体を操っていただけだったのだというような事を改めて感じさせられますが、同時に羂索が人間の枠を超えた存在であった事も改めて感じさせられます。

おそらく自分も含め、羂索…というか羂索の意志にとって他者とは全て『おもちゃ』だったんでしょうね…

楽しい事をする為には道具が必要であり、彼にとっては人間がその道具だったのでしょう…

高羽とのやり取りを見るに羂索はある意味、非常に人間臭いところもあったわけですが、その思考はやはり人間の範疇を超えていたとしか思えない…

El autor de Jujutsu Kaisen se presentó por primera vez en televisión — Kudasai

呪術廻戦 250話: ネタバレと予想

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|宿儺の最後の指は虎杖が食べている?

消えゆく処刑人の剣を握る虎杖の手。

その手に目を向けると異常に爪が鋭く描かれていました。

何らかの変化が虎杖の体に起こっているのではないかと思われます。

そしてその原因の一つとして考えられるのが宿儺の最後の指です。

宿儺自身ほとんどの指を回収済みですが、残り1本だけ見つかっていない状態で、どこにあるのかも判明していません。

「アイツ(宿儺)を殺すためならなんでも喰ってやる」

このように以前宣言していた虎杖。

残りの1本は虎杖の体の中に取り込まれているのではないでしょうか。

それによって以前五条が話していたように、宿儺の術式が今後虎杖も使えるようになる可能性があるのではないでしょうか。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|虎杖の術式が発現する?

虎杖が術式反転を会得していたことが、宿儺の攻撃によって判明しました。

虎杖は以前この決戦の日に向けて、日下部に稽古をつけてもらっていた描写がありましたね。

その状況はとてもの特殊で、日下部と虎杖の中が入れ替わった状況でした。

果たして何の特訓をしていたのでしょうか。

戦場に繰り出していることから、習得はできているのでしょう。

日下部自身は術式を所持していませんが、「シン・陰流」の使い手であることからそれを習得したのかもしれませんね。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|真希も宿儺戦に参戦か

宿儺への”没収”と”死刑”判決が確定したものの、いまだに術式使用が可能となっています。

また、羂索を乙骨が討ち取ったので大きな脅威としてあるのは宿儺だけとなっている状態です。

そのため真希も宿儺戦に参戦してくる可能性が高いのではないでしょうか。

真希自身の戦闘能力は伏黒甚爾を彷彿とさせるものがあります。

また禪院家を壊滅させた際に呪具をくすねている可能性もあり、その中に”天逆鉾”があれば宿儺にとって厄介な存在となるのではないでしょうか。

Jujutsu Kaisen anime lidera la lista de los más transmitidos en Japón durante el 2021 - Senpai

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|秤を封じ込める裏梅

宿儺戦と並行して繰り広げられている秤と裏梅の戦い。

秤の凄まじい再生速度と、人間らしさを感じさせない戦い方を受け「全力で潰す」と宣言する裏梅。

裏梅として一番厄介なのはやはり秤の宿儺や五条を凌駕する再生速度ではないでしょうか。

戦いのさなか配水管を破裂させた裏梅。

それにより二人の周りには水が大量に存在している状態です。

無敵状態の秤を止める手段として、脳の活動を停止させるためにその水を使い一気に秤を凍結させてしまうのではないでしょうか。

全身を凍結させられてしまえば、さすがの秤も動けなくなってしまうでしょう。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|釘崎野薔薇が復活する?

真人戦で頭部を吹き飛ばされた釘崎は安否が不明なままですが死亡したのではないと言われています。

しかし新田の時間停止?の術式や家入の元へ運ばれていることを考えると生存している確率は高いです。

呪術廻戦の作者芥見先生なら殺すと決めたらしっかりエグい死亡シーンを描写をすると思います。

おそらくどこかのタイミングで復活して現れると思います。

虎杖・伏黒・釘崎の3人が早く揃うことを願います!

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|伏黒の復活はあるのか

宿儺を倒した後に伏黒のことは考えればいいと言っていた五条の敗北により、伏黒復活の可能性はどうなるのでしょうか。

まず大前提として宿儺を倒すことが絶対条件であることは明白です。

逆に言うと宿儺を倒すことができなければ伏黒の復活もないという事ですね。

姉を殺されてしまってから、伏黒の意識がまだ宿儺の中に存在しているのかも重要になってきます。

今後の戦いが伏黒復活に大きく影響してくるでしょう。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|最後の指の行方

残り1本が見つかっていない宿儺の指。

宿儺自身は五条が持っているのではないかと予想しています。

確かにそれが一番安全なのかもしれませんが、現在二人は戦いの真っ最中です。

現時点で五条が持っている可能性は低いのではないでしょうか。

とられてしまうことがあれば、宿儺は完全体になってしまうわけですからね。

宿儺の指の行方として考えられるのは、虎杖が最後の1本を食べている可能性です。

唯一、宿儺の器として今まで自我を保っていたわけですし、宿儺の術式が虎杖自身も使えるようになっている可能性があります。

それを確実に使うためにも、再び指を取り込んだのではないでしょうか。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|歌姫の術式の効果

歌姫の術式「単独禁区(ソロソロキンク)」は、自身と任意の術師の呪力総量・出力を一時的に増幅させるものであることが判明しました。

これにより、実力に上乗せされる形で凄まじい出力の攻撃を五条も放っていました。

ただその増幅効果も一時的というものが気になるところです。

最強同士の戦いであるがゆえに、長期戦になることが予想される五条と宿儺の戦い。

歌姫の術式がどこまで続くのか、これによって五条たちが宿儺を仕留められるかに大きく影響してきそうです。

呪術廻戦 250話:どこで読むか

呪術廻戦 250は、2024 年 2月7日に「jujusukaisenraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

結論

関連名

Jujutsu Kaisen 250
Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 250
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 250
Lanet Savaşları 250
Sorcery Fight 250
Магическая битва 250
Магічна битва 250
जादुई लडाई 250
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 250
呪術廻戦 250
咒术回战 250
咒術迴戰 250
주술회전 250
JJK 250

  呪術廻戦 250話 ネタバレ|虎杖と宿儺が入れ替わる!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *