Skip to content

呪術廻戦 251話ネタバレ: 五条が生存, 宿儺が再び領域展開をする?

最新の呪術廻戦251話、ネタバレだけど五条がまさかの生存!? 宿儺が再び領域展開をする展開ってヤバすぎるよね。前回、乙骨憂太がリカを使って宿儺の技をコピーしたけど、次の戦いではどんな展開になるんだろう?みんなの予測と分析が気になる!参加してみんなでワイワイ予想しよう!

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

呪術廻戦 250話のまとめ

呪術廻戦 250話 を次のリンクに投稿しました。ぜひアクセスして読んで議論に参加してください。➡ 呪術廻戦 250話 Raw

呪術廻戦 251話ネタバレ

五条悟の生存・死亡状況に関して

五条の死亡は確定している?

五条が空間を分断する斬撃で上半身と下半身を真っ二つにされちゃったんだ。236話でも「あなたらしい最期」「五条悟の死を悼む間もなく」とっきり言及されてるから、五条の死は確定かも。それに、五条自身も死ぬときは一人でいいって言ってたし、自分の死を受け入れてる感じだよね。

Will Kenjaku take over Gojo's body? : r/Jujutsufolk

でも、羂索に五条の肉体が乗っ取られる可能性もあるかもしれないね。ただ、羂索はもう天元を取り込んでるから、他の肉体に移るのはちょっと考えにくいかも。それに、五条の体からは六眼が失われてるから、無下限呪術を完全に扱えない可能性もあるかもしれないね。

五条が生存・復活する可能性について

五条が宿儺の斬撃で体が真っ二つになっちゃったんだけど、首はぴょんと飛んでないし、頭も潰れてない感じなんだよね。

反転術式ってのは頭で回す性質があるから、一撃で頭が潰れてない限り、五条が反転術式で自分で復活することはできるかもしれないよね。

でも、呪力ってのは臍から流れるもので、五条はお腹より上で体がバッサリ分断されてるから、反転術式を使えるかどうかは微妙な感じだよ。

五条と宿儺のバトルを見守ってた仲間たちの中には、家入や乙骨みたいに反転術式使えるやつもいたね。

でもさ、来栖や狗巻みたいに腕がもうないやつもいて、家入や乙骨じゃ他人のなくなった腕まで生やすのは難しいって感じだよね。

だから、五条の上半身を取り戻すことができても、体を再生させるような治療は難しいんじゃないかな。

髙羽史彦は、術式「超人(コメディアン)」を持っているんだ。これは、彼が面白いと感じたイメージを現実化するってやつだ。

この「超人コメディアン」は、五条悟にも匹敵する力を持っているらしいぜ。髙羽は死滅回游編で初登場し、この術式を駆使して戦っていたんだ。

でもさ、彼自身は自分の術式のことを全然知らなかったらしいんだ。でもね、12月24日の決戦までに、五条の六眼で術式の詳細を見せてもらったんじゃないかな?

この術式が「五条悟にも対抗できうる」と言われてるから、髙羽が今後の展開でめっちゃ活躍する可能性もあるんじゃないかな。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

五条が戦いの前にした準備とは?

五条が獄門疆から復活した直後、羂索のもとに向かったけど、宿儺に邪魔されちゃったんだよね。羂索が宿儺を制止している間、五条も戦う前にやりたいことを考えてたんだ。

これからの展開では、五条が戦いの前にやった用意がどんな内容だったのか、詳細が明かされるかもしれないね。

五条がした用意のまとめだよ。
① 呪術界の総監部(上層部)の抹殺
② 恵の父親「伏黒甚爾」の件を家入に頼む
③ 封印されている間の出来事・情報の共有
④ 現在地が不明な「天逆鉾」の回収

223話の描写から察するに、12月24日の決戦までに、五条が総監部の抹殺を行なったことは確定と言えるでしょう。

また、獄門疆からの復活直後に伏黒に受肉した宿儺と出会った五条は、伏黒の現状・封印されていた間に何が起きたのかなどに関して、虎杖たちと情報共有をしたと思われます。

他にも、現在地が不明となっている「天逆鉾」の封印を解いた可能性も挙げられそうです。

宿儺が再び領域展開を発動する?

乙骨との戦闘で領域が使えない宿儺

五条との戦闘の影響で、宿儺は現在領域展開が使用できない状態。しかし、249話では乙骨が「領域を再び使えるようになるのも時間の問題かもしれない」と発言しており、250話では宿儺自身も「今の俺は五条悟との戦闘の影響で領域は依然使えず〜」と語っている。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

虎杖のセリフがフラグとなるのか?

虎杖は「領域で決着つけねぇと後が怖い」と発言しており、このセリフは宿儺がこのまま乙骨に敗北するとは思えないというフラグにも捉えられる。

251話以降、宿儺が領域展開を発動する可能性

251話以降、宿儺が再び領域展開を発動可能となり、乙骨と領域対決をする展開へと移行する可能性は十分に考えられる。

「彌虚葛籠」を使わずに済む?

現在の宿儺は、乙骨の領域の必中効果に対処するため、「彌虚葛籠」を維持するために腕・口の半分を使用している。しかし、宿儺が再び領域展開を発動可能になった場合、対になる二人の必中命令が重複・打ち消し合うことになるため、「彌虚葛籠」を維持せずに済む可能性がある。

四本の腕・二つの口が自由になり、優位に立つ

「彌虚葛籠」を維持する必要がなくなれば、宿儺は四本の腕・二つの口を自由に使えるようになる。これは、虎杖・乙骨を相手に大きなアドバンテージとなるだろう。

今後の展開に注目!宿儺が再び領域展開を発動するのか、そしてその結果どうなるのか、今後の展開に注目だ。

  呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248 Raw English

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *