Skip to content

呪術廻戦 250話 ネタバレ|乙骨の領域が宿儺を追い詰める 裏梅も領域展開か

呪術廻戦 250話: 発売日

呪術廻戦250話は2024年2月12日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年2月7日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 249話: 要約とレビュー

どちらとも強力な呪霊同士の戦いと手に汗握る展開になりそうですが、やや宿儺有利だと見ています。

もし、リカが負けそうになった時、乙骨はどんな行動をとるのでしょうか?

リカが怨霊化したのは劇場版でも語られた通り、乙骨によるものでしたので、宿儺にやられそうになったら庇って自らを犠牲にするのではないかと予想しています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw English

👉今すぐ読む:  サカモトデイズ154話 Raw – Sakamoto Days 154 RAW

👉今すぐ読む:  ブルーロック250話 RAW – Blue Lock 250 RAW

👉今すぐ読む:  キングダム787話 RAW – Kingdom 787 RAW

👉今すぐ読む: ワンピース 1107 raw

👉今すぐ読む: ワンピース 1107 漫画 raw

👉今すぐ読む: ワンピース 1107話 RAW English –【One Piece 1107 RAW ENGLISH FREE】

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

乙骨の領域展開も見てみたいところですが、今回はリカが領域展開を使えるのかどうかを考察していきたいと思います。

呪霊の中でも特級と呼ばれている呪霊は、宿儺や真人からも分かるように、領域展開を使うことができる者も多いです。

リカも特級に分類されていますが、問題は領域展開を使える知能があるかどうかだと思います。

見た目や技もとても知能が高いとは言えませんが、できても不思議ではないので、ここはできると信じて宿儺を倒してほしいと思います。

Jujutsu Kaisen (Mangá) – Seja abençoado por essa maldição | Anime21

呪術廻戦 250話: ネタバレと予想

【呪術廻戦】第250話の展開予想 領域「真贋相愛」の真価

『呪術廻戦』第250話での生得領域未展開により、不完全な燃焼状態に追い込まれた乙骨憂太。

しかし、『呪術廻戦』第250話では、とうとう乙骨が本物の領域を展開。

その生得領域の名前は「真贋相愛(しんがんそうあい)」と、乙骨らしいネーミングで、『呪術廻戦0』で語られた”純愛”を反映している。

ここからは、宿儺戦の展開予想に先立ち、「真贋相愛」の能力について詳しく掘り下げていく。

【呪術廻戦】第250話の展開予想 領域「真贋相愛」の必中効果

まず最初に、乙骨憂太は「他者の術式を模倣(コピー)」できる特殊な能力を持っているんだ。

そして、乙骨が展開する領域「真贋相愛」では、コピーした他者の術式を必中効果として活用できるみたい。

第249話では宿儺の考察によると、この領域に付与されているのは”天使”の術式。

宿儺が「邪去侮(やこぶ)の梯子」を受けた第213話を振り返ると、宿儺はかなりの醜態を晒していたね。

攻撃が続いていたら、多分宿儺は完全に消し去られてたんじゃないかな。

つまり、”天使”の術式は相当に強力だってこと。

もし「真贋相愛」に付与された必中効果が本当に”天使”の術式だったら、宿儺が「彌虚葛籠」を解除した瞬間に消えちゃう可能性があるんだよ。

【呪術廻戦】第250話の展開予想 領域「真贋相愛」の効果

必中効果が「必殺」であるかもしれないとの懸念から、「彌虚葛籠(いやこつづら)」を展開する宿儺。

「彌虚葛籠」は腕と口が1セットずつ必要なので、明確に宿儺を弱体化させることに成功したみたい。

しかし、宿儺はまだまだ余裕の表情を崩さない。

ここからが問題で、最強でありながら最悪の”呪いの王”をどう攻め崩すか、それが乙骨にとっての課題となりそうだ。

【呪術廻戦】第250話の展開予想 領域乙骨が勝つためには

宿儺が「彌虚葛籠」で身を守っているなら、乙骨は”無制限の模倣(コピー)”のアドバンテージを活かして戦わないとね。

”模倣”の最大の強みは、やっぱり手数の多さだよ。

乙骨が”どれほどの術式を模倣しているか”によっても変わるけど、宿儺が知らない術式をいくつも持ってても不思議じゃないよね。

むしろ、そういう切り札がないと、勝つのは相当難しいかもしれないよ。

【呪術廻戦】第250話の展開予想虎杖との協力

乙骨の「領域展開」に埋もれかけているものの、現在の新旧主人公が肩を並べて戦う展開は胸アツですよね。

虎杖に与えられた役割は、「魂を捉える打撃」によって伏黒と宿儺を引き剥がすこと。

物理的に肉体が引き剥がされるのか、はたまた「魂」という概念のみを引き剥がすのか……いずれにせよ、虎杖の奮起に期待がかかります。

Jujutsu Kaisen Chapter 148: Release,and Read Online - TheDeadToons

また、「リカ」がきっちり領域内に佇んでいることもポイントです。

現在の宿儺は、2セットあった手と口のうちの半分を封じられている上、2名+1体との戦いを強制されている状況にあります。

とはいえ、宿儺は”奥の手”を出さずに五条悟に勝利している実力者。

2名+1体程度であれば、難なく抑え込んでしまうのかもしれませんが……?

【呪術廻戦】第250話の展開裏梅が領域展開か

秤金次を強敵と認め、「全力で潰す」と宣言する裏梅。

これでついに「領域」が展開されるのではないかと期待が高まります。

ここで思い起こされるのが、秤の領域「坐殺博徒」の特徴です。

既に述べた通り、「坐殺博徒」の必中効果は”ルールの開示”のみであり、基本的には無害。そのため、押し合いと展開速度に優れています。

それゆえ、秤金次相手の「領域展開」は、”悪手”になり得ます。

しかし、そうならない瞬間も存在します。

それは、秤のラウンド中です。

秤は、4分11秒の間に呪力と焼き切れた術式が回復するため、ラウンド終了後に領域を再展開することができます。

逆に言えば、「坐殺博徒」直後の約4分間は領域を展開することができません。

つまり、裏梅は秤のラウンド中であれば、カウンターを危惧することなく領域を展開できるのです。

1000年以上前の術師たちも、そのほとんどが領域を所持していました。

具体的には、宿儺が「伏魔御廚子」、羂索が「胎蔵遍野」、万が「三重疾苦」を展開していました。

呪術廻戦 250話:どこで読むか

呪術廻戦 250は、2024 年 2月7日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

結論

関連名

Jujutsu Kaisen 250
Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 250
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 250
Lanet Savaşları 250
Sorcery Fight 250
Магическая битва 250
Магічна битва 250
जादुई लडाई 250
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 250
呪術廻戦 250
咒术回战 250
咒術迴戰 250
주술회전 250
JJK 250

  呪術廻戦 254話 RAW【Jujutsu Kaisen 254 RAW ENGLISH FREE】

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *