Skip to content

呪術廻戦 248話 ネタバレ|日車死亡も伏黒復活で宿儺も撃破!

『呪術廻戦』のファンたちは、アクタミゲゲによって執筆・挿絵されたスリリングな日本の漫画シリーズ最新作、第248話の発売を待ちわびています。

今回の『呪術廻戦』第248話に関する情報は、最新話について可能な限り網羅してきたので、このゲームの中で知りたいことは全て学ぶことができます。

この記事では、『呪術廻戦』第248話の未加工のスキャンについてこれまでに得られた情報すべてを網羅します。公開日やプロット、あらすじ、そしてネタバレなどについても触れていきます!

呪術廻戦 248話: 発売日

呪術廻戦248話は2024年1月22日発売の週刊少年ジャンプ55号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年1月17日mangak.orgに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦247話 Raw – Jujutsu Kaisen 247 Raw 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248 Raw English 

呪術廻戦 247話: 要約とレビュー

『呪術廻戦』第247話で明らかになった情報が、JudgemanとHigurumaによって考案されたねじれた再現の中へと深く私たちを導きます。執行の儀式が始まり、悠仁とめぐみの運命が揺れ動く中、不安が高まります。

「不公平なる剣」:Higurumaが「処刑者の剣」の残酷なルールを露呈させます。それはJudgemanが有罪と認定した魂だけを狙い、この場合、悠仁の体に宿る呪いの霊である宿儺だけが処刑されることを意味します。

しかし、悠仁はこれに対して自分が守られていないと主張します。宿儺が消えたら、彼はHigurumaの怒りに無力になるでしょう。これは、我々の愛すべき主人公にとって死よりもひどい運命です。

「英雄への罠」:Higurumaの動機や手法は依然として闇に包まれています。逆呪法を使えないことは彼の真の目的に疑念を投げかけ、処刑以上の隠された目的を示唆しています。悠仁と宿儺の強制的な決闘は、試練ではなく、お互いを排除するための計算された罠に見えます。

「めぐみの影」:混乱の中、めぐみは自分の免疫の影響に苦しんでいます。友人が無傷でいる中で彼が死に向かうのを知ることは、深い罪悪感を呼び起こし、介入するための絶望的な願いを抱かせます。しかし、彼の儀式での立場は不明なままであり、展開するドラマにさらなる不確実性をもたらしています。

「バトルロイヤルの到来?」:第247話はクリフハンガーで終わり、壮大な対決の舞台が設定されます。決意と絶望に駆られた悠仁が、命を賭けたHigurumaとの決闘に備えます。めぐみは儀式の制約から抜け出し、友人を助ける方法を見つけることができるのか? Higurumaの真の目的が明らかになるのか?

Vấn đề của tôi với Jujutsu Kaisen Hiệp Sĩ Bão Táp

呪術廻戦 248話: ネタバレと予想

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!処刑人の剣に乗り移った強化された日車の呪力とは?

日車寛見の術式、それは虎杖悠仁が手にした、まさに処刑人の剣であると言っても過言ではない。

その原形は裁判官が振るうガベルの姿をしている。

だがこの術式はまだ覚醒したばかりで、解明されていない部分が多く残っている。

元々領域を持っているとされるこの術式、そのガベルには式神ジャッジマンが宿り、そのギロチンが罪人を逃がさないよう法廷を取り囲むのだろう。

つまり、このガベルは処刑人の剣そのものが、呪術師を裁く法の世界を形作っているのかもしれない。

そして日車寛見の強化された死後呪力が宿るなら、呪術師はその裁きから逃れられないだろう。

たとえ完全体の宿儺だとしても、例外ではないのではないか?

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!虎杖悠仁と日下部篤也の連携が始まる?

新宿決戦の前夜、日下部篤也は冥冥道場で虎杖悠仁に稽古をつけていた。

その時、見た目では虎杖が日下部に圧倒的だったが、その会話から魂が入れ替わっていたのではと考えられている。

これは宿儺との最終決戦で試されるものに違いない。

だがその活用法は、この稽古の時のように虎杖悠仁と日下部篤也が宿儺を撹乱することではないだろう。

日下部篤也が教えていたのは虎杖悠仁の魂が宿儺の身体に入って伏黒恵を救済するための稽古だったと思われる。

その稽古の時、まだ完全にその技をマスターしたとは言えない様子の虎杖悠仁だったが、ここ新宿決戦での本番では日下部篤也の助けと連携しながら成し遂げねばならない。

更に今の虎杖悠仁は、日車寛見から託された覚醒が近い処刑人の剣を握っている。

新宿決戦はいよいよ最終局面に入ったと言えるのではないだろうか?

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!乙骨憂太は岩手県御所湖結界から帰還出来るのか?

現存する中で唯一の特級呪術師となった乙骨憂太は、羂索の首を切り落とした岩手県の御所湖結界から無事に新宿に戻れるのでしょうか?

新宿決戦が始まる前から、五条悟が宿儺に倒された後の呪術高専側のキーマンは乙骨憂太とされていました。

しかし、完全体となった宿儺を皆に任せて、遠く岩手の地で羂索に奇襲戦を仕掛けて勝利したのです。

しかし、羂索が呪うように言った…自分の意志は受け継がれる…その最後の言葉も気になり放っておいてよいものではありません。

さらに死に装束を着ていたとはいえ、高羽史彦があのまま死んだとは思えません。

そのため、宿儺打倒の最大のキーマンである乙骨憂太が岩手に未解決の問題を残して新宿に戻れない可能性があります。

そうなると新宿決戦は完全体となった宿儺の独断場となるかもしれません。

ここではやはり日車寛見の呪いが乗り移った処刑人の剣に期待が集まることになります。

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!日車寛見の呪力は死後堂のように強化される?

日車寛見が死後に呪力が強化される方がしっくりくると言ったのはどういう事なのでしょうか?

そしてその死の直前に自分の役割を理解し、「後は頼みます」と言った時に、日車寛見の強化された呪力は処刑人の剣に宿され、虎杖悠仁に託されたものと思われます。

そしてようやく宿儺と対峙できた虎杖悠仁の手に託された処刑人の剣は、どのような力を自ら放ち、また虎杖悠仁に与えるのでしょうか?

処刑人の剣自体は、日車寛見の呪力強化により自ら処刑人としても意志を持ち、裁かれるべき宿儺を追い詰めて行くのではないでしょうか?

そして虎杖悠仁にはその処刑人の剣を手にすることにより、自分の中に眠る術式を開眼させるような変化が訪れるのかもしれません。

La diffusione di Jujutsu Kaisen aumenta del 530% grazie all'anime

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!日車寛見の呪力が宿りし処刑人の剣?

日車寛見の最期は、実は自ら選んだものかもしれない。

その意思は、生前の彼が虎杖悠仁との共闘を通じて伝えたものと思われる。

さらに、日下部篤也は日車の死を目の当たりにして、死後の呪力強化についての会話を思い出すことになるだろう。

日車寛見の自死の意図が、彼ら2人に託されたことは偶然ではない。

今、日車の死によって強化された呪力が処刑人の剣に宿り、虎杖悠仁の手に握られている。

この先、日下部篤也と虎杖悠仁、そして呪具となった日車寛見の本当の共闘が始まるのかもしれない。

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!日車寛見の天才が処刑人の剣の中で覚醒する?

2ヶ月前に呪術師として覚醒したばかりの日車寛見が呪術高専の最後の手段として登場した。

その最大の理由は宿儺を倒すことでありつつも、伏黒恵の魂を守り続けることだった。

そのため、日車寛見には日下部篤也をはじめとする優れた呪術師たちが宿儺と対峙するための護衛として付いている。

宿儺はその狙いを見抜いたのか、他の呪術師との戦闘を避け、日車寛見と処刑人の剣に挑むことを望んでいるようだ。

そのような状況になった場合、五条悟と同等の才能を持つと言われているにも関わらず、経験不足の日車寛見にはかなりのプレッシャーがかかることになるだろう。

しかし、覚悟を決めた日車寛見には処刑人の剣が再び輝き始め、死後の開花を託されたような気がする。

その称賛される天才の才能は、処刑人の剣の中で強化され、覚醒を遂げるのかもしれない。

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!処刑人の剣は意志を持って宿儺に襲い掛かる?

日車寛見が持つ術式の1つガベルが変化した処刑人の剣。

この術式の発動が式神ジャッジマンの判決によるものから、日車寛見の意志の他に処刑人の剣のも意志が宿るものと考えられます。

弁護士としての日車寛見の役割とは別に、刑の執行人として式神の意志がガベルを変化させ処刑人の剣として顕現するならばその刑を執行するまでその意思は続くものと思われます。

それは完全体となった宿儺とて脅威に感じるものなのではないでしょうか?

いたずらに日車寛見の才能と処刑人の剣に興味を覚えたばかりに、宿儺は過去最大の危機をむかえることになるのかも知れません。

焦りを覚えた表情の宿儺に処刑人の剣が振り下ろされる瞬間が訪れるのでしょうか?

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!虎杖悠仁が伏黒恵を助ける方法とは?

受肉している宿儺を伏黒から引き離す。それは虎杖自身を犠牲にするものかもしれない。

宿儺が受肉している伏黒の指を斬り、それを飲み込む…宿儺が虎杖から伏黒に乗り換えた時に使った手の逆をやるというわけだ。

アイツを殺すためだったら、何でも食ってやる!覚悟を決めた面構えでそう言う虎杖悠仁。

この覚悟のほどは九相図の残り4番~9番を食う覚悟が出来たという事なのでしょう。

そう考えれば虎杖はこれから6回の覚醒を繰り返すことが可能になるという事です。

しかしこの方法は脹相との対立を生みかねないので、相当な危機状況の中でお互いの合意のもと行われることが必要になるのではないかと思います。

そして脹相の弟たちの魂が復活を果たしその意思を戦いに及ぼす可能性も含めての合意となるのではないかと考えています。

Jujutsu Kaisen: Itadori Yuji nên chuyển đến trường học này để trở thành một siêu anh hùng

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!処刑人の剣が虎杖悠仁にもたらすものは?

処刑人の剣は日車寛見の命と呪力をのせて虎杖悠仁に託されました。

元々日車寛見が手に持っていたガベルが変化した処刑人の剣は呪具ではなく術式の1つでした。

その処刑人の剣に日車の類まれな呪力で死後強化された上で託されたという事は以降虎杖悠仁の呪具として使役されることになりそうです。

まだ学生の虎杖悠仁がどのような職業に就くのかは未知数ですが可能性として日車寛見の後を継ぐ可能性は否定できないのではないでしょうか?

更には生前の日車寛見がわずかに垣間見せた反転術式を駆使する可能性も考えられ、今後宿儺の術式と共に虎杖悠仁の力となって行くのだと考えられます。

呪術廻戦248話ネタバレ最新話の考察!宿儺に受肉された伏黒恵の魂と虎杖悠仁が入れ替わる?

五条悟は、宿儺が虎杖悠仁の身体から逃げたことを”腑抜け”と呼んでいました。

やはり虎杖悠仁はその出自から見ても宿儺を凌駕する何らかの能力を有しているのでしょう。

それ故に虎杖悠仁に受肉していた時、その身体を支配するには契約によるしかなかった宿儺?

冥冥の道場で稽古をしていた日下部と虎杖悠仁の魂が入れ替わっていたという描写が描かれました。

その真偽の程とそれがいかなる力によるものかも判明はしていませんが、この技の目的は虎杖悠仁が弱っている伏黒恵のと入れ替わって救うという事が目的と思われます。

更に宿儺は虎杖悠仁の魂に抑え込まれた経緯もあり、これが成功すれば一挙両得で人外魔境新宿決戦も長期化せずに済むと考えられます。

更にメリットは、独断場と化している死滅回游の羂索を呪術高専総出で追い詰めることが可能ともなり効果は絶大であるとも考えられます。

しかし稽古で虎杖悠仁は日下部から”いいかげん掴め”とも言われていましたので、技が完成しているのかは心配ですが…ついにその時が!

伏黒恵の事は宿儺を殺してから考えると言っていた五条悟は殺さずともその時が訪れたと察するのではないでしょうか?

瀕死の伏黒恵の身体で魂まで救う事は困難と考えるのは衆目の一致するところではないでしょうか?

虎杖悠仁が瀕死の宿儺の前に立ち、自分の魂と伏黒恵の魂を入れ替えるのではないか?

そして宿儺の魂は虎杖悠仁に抑え込まれたまま再び闇へと追いやられることになるのではと思います。

呪術廻戦 248話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話248話の考察|強化された虎杖は宿儺に対する切り札?

虎杖が宿儺に攻撃したシーンにフォーカスしてみよう。 完全体になった宿儺が、腕を3本も使って虎杖の攻撃をブロックしてるんだ。 虎杖の攻撃力がかなり上がってるって描写になってるね。

確かに、虎杖はもともと宿儺をフィジカル面で驚かせたことがあるキャラクターだったけど、完全体の宿儺が防御にそこまで力を入れるほどになると、話が変わってくるよね。

高専側は羂索への対策や日車の術式で宿儺にどう対処するか、めちゃめちゃ計画立ててたことがわかってる。 そういう作戦がうまくいかないときのことも考えてるはずだよね。

その「もし作戦が失敗したらどうするか」って案のひとつに、「虎杖の力で打開する」とかあるんじゃないかな。 五条が言ってた「力でゴリ押されるのが一番怖い」って言葉を元にして、虎杖の力を保険的に使うってことかもしれないね。

虎杖のすでにある力をさらにアップさせて、宿儺に対抗できるくらいの攻撃力を持つ人物にするっていうアイディアかもしれないね。 まさに最後の手段って感じだけど、虎杖にしかできない重要な役割が用意されてるかもしれないよ。

呪術廻戦ネタバレ最新話248話の考察|高羽は術式が使えず、呪術界を引退する⁉︎

夢の舞台での漫才が終わった直後、高羽が白装束に身を包んで仰向けに倒れていたんだ。 最高の相方である羂索が首を斬られた時ですら、彼はびくともしなかった。

お笑いの欲求がすっかり満たされた高羽は、これをきっかけに呪術界から身を引くんじゃないかな。 なぜなら、高羽との戦いの最中、羂索は高羽が笑いを求め続ける限り、戦いが終わらないと予想していたんだ。

たとえば、食欲が満たされれば、もう食べ物は欲しがらないよね。 それと同じで、お笑いに対する欲求も満たされれば、もう他の人にウケようとしないかもしれない。

今、夢の舞台で笑いを取ったことで、高羽のお笑いへの欲求は満たされたんだ。 だから、「自分がウケると思ったことが現実になる」高羽の能力はしばらく使えなくなるかもしれないんだ。

それに、宿儺との最終決戦も同時進行しているから、高羽が再びお笑いを求めたとしても、その時にはもう戦いが終わっているかもしれない。

だからこそ、高羽は今後の物語で戦うことなく、呪術界を去る可能性があるんだろう。

呪術廻戦ネタバレ最新話248話の考察|宿儺攻略のカギは…?

鹿紫雲も宿儺に負けちゃったんだ。 時代の強者を次々に倒す宿儺は本当に呪いの王と呼ぶにふさわしい存在だね。

次に宿儺に挑むのは、虎杖と日車のコンビみたいだよ。 彼らがどうやって宿儺に勝つつもりなのかな。

今の宿儺の技の中で一番警戒すべきは、「世界を断つ斬撃」だよね。 体の強化や防御能力も関係なく、その存在する世界ごと切り裂かれてしまうから、ほぼ防ぎようがない技なんだって。

でも、「この世界」に属している者なら斬撃で世界が切り裂かれちゃうけど、もし別の世界に属していたらどうなるかってのが気になるよね。 もし別の世界に属していたら、斬撃は届かないってことになるんだ。

つまり、「世界を断つ斬撃」の対策として考えられるのは「違う世界に属すること」じゃないかな。 たとえば烏鷺のように空間を操って、斬撃のコースを乱す方法があるかもしれないよ。

もしそんな手段を虎杖や日車が持っていたら、宿儺に対抗できるかもしれないと思うんだ。

呪術廻戦ネタバレ最新話248話の考察|秤の領域が崩壊した理由

秤の領域が崩れて、秤と裏梅が姿を現してるんだ。 裏梅が秤を足止めしたって描写から、「秤は鹿紫雲との約束を守るために裏梅を抑えてた」と思えるね。

でも次に宿儺に立ち向かうのは虎杖&日車のコンビ。 裏梅が宿儺の手助けをすると、大変なことになるってのは想像つくよね。 つまり、裏梅は秤に抑えられたままの方がよかった場面ってことになるよね。

それなのに、ここで裏梅を解放したってことは… 「虎杖と日車のコンビが宿儺と裏梅を同時に倒せる」 「秤が被害を受けずに退却した」 ってのが一番自然な考え方かな。

やっぱり虎杖と日車には、しっかりとした勝利の秘策があるんだろうね。 虎杖の腕力がその秘策の一部であり、日車の術式も必勝の作戦に欠かせない要素だと思えるよ。

Jujutsu Kaisen", c'est la fin du manga culte !

呪術廻戦ネタバレ最新話248考察|虎杖の”魂の乗っ取り”が秘める2つの可能性

新宿での戦いでは、最初に五条対宿儺、その後鹿紫雲対両面宿儺が描かれたけど、次は虎杖と日車が両面宿儺と戦うことになるんだ。

多分、虎杖には宿儺を倒すための秘策があると思われるけど、実際どうやって宿儺と戦うのかね。

ヒントになるのは「虎杖の術式」だよ。

これまで何度か描写されてきたけど、虎杖は魂を感じ取れるみたいだ。 それに「魂の情報」というキーワードも出てきてる。

他人の魂に干渉できる虎杖が伏黒の魂に影響を及ぼして、宿儺と戦うための手助けとして使うのかもしれないね。 九十九由基から受け取ったノートが「魂の研究」に関するものだったら、その手助けになるかもしれないよ。

それと虎杖に関連してもう一つ気になるのは、羂索の血を引いていることだよ。

羂索の血を引く虎杖が、羂索のように相手の何かを乗っ取る術式を使える可能性がある。 相手の魂を乗っ取る場合、宿儺との関連や謎の記憶にも説明がつくかもしれない。

「相手の魂に影響を与える術式」であれば、宿儺に対抗する方法として次の2つが考えられるよ。

宿儺の魂に影響を与えて、自分の体に移すことで再び封じる 五条の魂に影響を与え、何かの形で五条の助けを得る 宿儺の魂を乗っ取る方法は、宿儺を封じ込めることが目標。

ただし、五条の魂に影響できれば、五条と一緒に宿儺を倒す可能性もあるよ。

五条の魂に干渉するためには、五条の魂がまだ体にあって、それに干渉できることが条件だ。

おそらく九十九の「魂の研究記録」がまた関わってくるだろうけど、今後、虎杖の術式や宿儺の撃破方法を考える上で「魂」が重要な要素になると思われるね。

虎杖の術式が、五条ですら倒せなかった宿儺を制する切り札となるのかな?

Cách duy nhất của Jujutsu Kaisen để mang Gojo trở lại sẽ khiến người hâm mộ kinh hoàng | OtakuGO

呪術廻戦ネタバレ最新248話考察|虎杖の腕は外付けの術式によるもの?

虎杖が日車と組んで宿儺に立ち向かうことが分かったんだ。 物語の主人公が因縁の「呪いの王」に挑むストーリーが始まるってことだね。

248話の最後のページで虎杖の腕を見ると、なんだか変なことが起きてるみたい。 普通の腕じゃない感じがするんだよね。 読者の中には「鬼の手」とか「ピッコロさんの腕」と呼んでる人もいるみたい。

この腕の描写は、きっと宿儺との戦いに何か秘策が仕込まれているんじゃないかな。 じゃあ、その秘策って何かなんだろう?

考えられるのは、乙骨が仙台結界で見せた「外付けの術式」だね。 あの時、乙骨の腕が篭手みたいなものを身につけてたんだよ。

それと同じ術式が虎杖も使えるようになったか、もしかしたら乙骨から借りたかもしれないね。

虎杖は以前五条に「術式は使えない」と言われたことがあるんだ。 宿儺もきっと「小僧は術式を使えない」と思ってるはずだよね。

でも、もし虎杖が術式を使えるようになったら、宿儺にとっては大きな驚きになるかもしれないね。

もし虎杖が術式を使えるようになったんだったら、今後の戦いでそれについて言及されることが期待されるかも。

呪術廻戦 248話:どこで読むか

呪術廻戦 248 は、2024 年 1 月17日に「mangak.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦247話 Raw – Jujutsu Kaisen 247 Raw 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248 Raw English 

  呪術廻戦 249話 ネタバレ|五条復活?卍解した虎杖の活躍やいかに!

結論

関連名

Jujutsu Kaisen 248
Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 248
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 248
Lanet Savaşları 248
Sorcery Fight 248
Магическая битва 248
Магічна битва 248
जादुई लडाई 248
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 248
呪術廻戦 248
咒术回战 248
咒術迴戰 248
주술회전 248
JJK 248

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *